在籍確認は勤め先への確認

お金借りる際に行われるのが審査ですが、その詳細な内容についてはほとんど明らかにされることはありません。しかし、在籍確認がどのように行われるのかは、実際に会社に電話がかかってくることから詳細を知りえることができます。

在籍確認とは、借り入れの申込書に記載した実際に勤務先に勤めているのかを確認するための作業です。ここで働いてもいないのに偽りの勤務先を書いたとすれば、電話がつながらなかったり在籍していないことがバレてしまったりするので審査に落ちてしまうというわけです。

また、たとえ本当に働いていたとしても、電話を受けた人が自分がその会社に働いていることを知らなかった場合、在籍確認が取れずに審査に落ちてしまうことがあります。申込書には、代表電話などではなく、自分の働いている部署を記載するようにしましょう。

在籍確認は絶対に行われるの?

しかし、お金借りるというのはあまり聞こえの良いものではないため、たいていの人は周囲にバレずにお金を借りたいと思うものです。そのため、在籍確認のないカードローンを探す人も少なくないことでしょう。

基本的には、在籍確認を行わずにお金を貸してくれるところはありません。しかし、借り入れ金額が少なかったり、過去に利用したことがある会社であったりした場合、在籍確認が行われないことはあります。といっても、どんなに直前に借りていたとしても必ず在籍確認をする会社はあるので注意が必要です。