返済できる人物かを見られる

スムーズに融資を受けるには、一度で審査に受かることが必要です。融資の際に行われる審査は、貸したお金を確実に取り戻すことができる人物かどうかを判定するために行われます。

自分がお金を貸す立場になったと想像してみれば、このようなことが当たり前のことであると気付くことでしょう。そのため、融資を受けるには、定期的に収入を得ていて、返済が終わるまで連絡がしっかり取れるという人物像にできるだけ近いことが条件となります。

審査対象になる項目

審査の対象になるのは、申込書に記載する項目です。氏名や職業、勤務先の住所と電話番号については基本的なことといってよいでしょう。また、勤続年数や年収についても求められます。現在の収入は多くても、勤続年数が短いとあまり信用してもらえないので注意が必要です。

さらに、居住年数についても記載する項目がありますし、ほかに借入れをしていないかについても聞かれます。他社の借り入れについては、件数とそれぞれの金額についても記載しなければなりません。

他社からの借り入れについて聞かれるのは、この有無が返済能力に大きく関与してくるからです。例えば、他からもたくさん融資を受けている場合、たとえ勤続年数が長くて年収も申し分なかったとしても審査に落ちることがあります。

なぜなら、もしも会社を突然クビになって収入が途絶えた場合、返済先が多ければ、自社への返済が後回しになる可能性が出てくるからです。